わたしたちの家づくり


OUR QUALITY

わたしたちの家づくり

土地の力を引き出すこと

土地を見れば自ずとどのような家がふさわしいのかがイメージできます。
陽の入り陽の沈み、風の抜ける様、朝夕の人通り、それらが玄関やリビングの位置を語りかけます。
そのような土地の持つ力を無理に捻じ曲げた家づくりをすると、日射や湿気、騒音、周辺の視線などがストレスとなります。
幸多い家づくりは土地の力を吹き出すことから始まります。
私たちは建築業として事業を始めたものの、土地をお持ちでないお客様の家づくりを数多くお手伝いしてきたことから、工務店としては土地の扱いに慣れた稀な存在であると自負しています。
土地をお持ちの方も、これから土地を探される方も、土地の力を最大限に生かす家づくりを得意とする私たちにご相談ください。


制約に挑むことから産まれるアイデア

私たちの営業エリアである川崎市・横浜市・東京都は、ご存知の通り日本国内で最も土地価格の高い地域です。
駐車スペースは二台分確保したいとか、大きな広葉樹を植えられる庭が欲しいとか、そんな些細な望みさえなかなか叶えることのできない土地柄です。しかし私たちも「できません」と簡単に否定するのではなく、お客様の希望を代案で叶える努力を繰り返し、住まいをコンパクトにまとめながらも、これからの暮らしに夢を持っていただけるプランづくりのノウハウを培ってきました。庭を屋上につくるという憩いの創造、スキップフロアやロフトというゆとりの確保、フラットバルコニーや吹き抜けによる視覚的な広さの創造など、いずれもが予算や法規制に挑むことから生まれたノウハウです。

健やかであること、それは空気との調和

私たちは基本ルールとしてリビングには調湿機能のある珪藻土などの壁材と無垢のフローリングを提案しています。
実はこの壁材と無垢材の組み合わせが過ごしやすさと節約の秘訣です。
一年のうち最も電気を必要とするのが7月から9月の夏。エアコンに頼らざるを得ない日々が続きますが、日射と湿度に配慮するだけでも、その稼働時間を減らすことができます。
日射に対しては、オーニングや窓の性能を上げることで室内に入り込む日射を遮り、室内温度の上昇を防ぎます。
湿度は壁と無垢材が持つ調湿機能で多湿状態を緩和します。同じ気温でも湿度が10%から15%下がると体感温度は1℃下がると言われており、室内を理想的な湿度(50%)に保つことができれば、真夏日であろうとも随分と過ごしやすくなります。

さらに調湿は健康にも関係しており、結露(湿気)→カビ→ダニ→アレルギーの負の連鎖をカットします。
アレルギーの大きな原因であるダニ。ダニはカビを栄養源とし、そのカビは水分を必要とします。家の中でカビが発生する場所は湿気の多い場所ですが、水まわりを除くと結露の発生している場所に辿り着きます。酸素、温度、水分、栄養源の条件が整うことでカビは繁殖し始めるので、その条件のひとつである結露(水分)を抑制することで、カビの発生が抑えられ、そしてダニの繁殖も抑えられるということになります。